アカウント カート アウトリンク 閉じる 閉じる 三角形 facebook Instagram twitter LINE

TOP > すべて > 紅はるか(新潟県産)・500g

紅はるか(新潟県産)・500g
紅はるか(新潟県産)・500g

焼いたときの甘さは安納芋と比較されるほど紅はるか(新潟県産)・500g

商品番号 V0010B

450円(税抜き)

数量

比較的新しい品種で、どの農家さんも紅はるかを栽培される方が年々多くなってきています。
理由はシンプルに、外観に優れ、蒸し芋にした時の糖度が高くとてもおいしい芋なのです。
焼いたときの甘さは安納芋と比較されるほどで、非常に甘くおいしいさつまいもです。

こちらは500gごとのご注文になります。
1つ100~150gぐらいのサイズになります。

中米の熱帯地方を原産とするさつまいもは、痩せた土地でもよく育つ、エネルギッシュな野菜です。日本には、中国経由で十七〜一八世紀に琉球、薩摩に伝わったといわれています。現在でも九州では、さつまいもは琉球芋や唐芋(からいも)と呼ばれていますね。江戸時代、享保の大飢饉の折にも、さつまいもは無事に育ち、多くの人を飢餓から救いました。そして時の将軍・徳川吉宗は飢饉対策としてさつまいも栽培を促進したそうです。
茹でて食べるなら、水からがおすすめ。じっくりと低温で茹でると、甘みがふくらみ、旨みが逃げません。天ぷらや煮物も美味しいですが、落ち葉で焚く焼き芋はやっぱり最高ですね。
寒さに弱いので、保存は冷蔵庫には入れず、新聞紙に包んで常温で。保存は約二週間くらいが目安です。ほどよい水気と乾燥に注意しましょう。ちなみに、さつまいもを食べた後にでるおならは、あまり臭くないって知ってましたか? さつまいもを消化する時に発生するガスの種類は炭酸ガスで、臭さの素になるアンモニアがほとんど含まれていないからといわれています。安心してモリモリ食べられますね。